部門紹介

試験・計測部門試験・計測部門イメージ

土質・地質に関する地盤情報は土質試験、岩石試験、現位置試験の正確な成果に左右され、すべての基礎設計の基本となります。
社会資本形成の文字通り基礎をになう地質調査は建設関連産業の中では最も上流部に位置します。地質、土質、地盤構成の性質・性状を可能な限り自然に近い姿で定量的に把握し、表現する必要が求められています。
さらにその結果を整理し、次の設計段階に正しい情報として届ける必要があります。そのためには限られたサンプルで土質試験、岩石試験などを実施し地盤性状、物性値を正確に把握することが重要です。

提供する技術

  • 土質試験
  • 室内物理試験:土粒子密度、含水比、粒度、コンシステンシ−、湿潤土密度
  • 室内力学試験:圧密、一軸圧縮、三軸圧縮、ねじり剪断、締固め、CBR、透水、化学的性質試験:Ph、電気伝導率、強熱減量
  • 水溶性化学成分岩石試験:室内物理試験:比重、密度、吸水、含水量、間隙率、超音波、透水、スレ−キング、吸水膨張、凍結融解各試験
  • 室内岩石試験:一軸圧縮、三軸圧縮、引張、剪断、クリ−プ、硬度、摩耗、AE測定
  • 物理探査:弾性波探査、表面波探査、浅層反射法探査、常時微動振動計測、電気探査、比抵抗探査(垂直・水平・2次元)、地下レ−ダ−、重力磁気探査、地温探査、放射能探査、ジオトモグラフィ探査(弾性波VSP・比抵抗)
  • 現場試験:初期地圧測定、現位置剪断試験、平板載荷試験(静的・動的)、岩盤変位測定、ロックボルト引抜試験、地質鉱物学的試験:X線分析、CEC試験、年代測定